金属多孔質体 | 製品情報

ニッケル多孔質体(Ni多孔質体)

高気孔率の連続気孔を有する
スポンジ状のニッケル多孔質体です。

特長

発泡ポリウレタンフォームの形状をトレースした
ニッケル金属の多孔質体・焼結材です。


・ 連続気孔を有する金属多孔質体
・ 高気孔率(最大97%)
・ 樹脂等の有機物を含まない焼結金属材で、耐熱性に優れる
・ 焼結金属なので、高強度、衝撃に強い
・ レーザー加工、放電加工等の二次加工が可能
・ 焼結後にプレス加工での厚み調整、平坦化が可能
といった特長があります。

規格・仕様・特性

ご検討の用途に合わせて、
セル密度、気孔径、気孔率の作り分けが可能です。
お求めの際は、「材質」「メッシュ番手」「寸法」をご指定頂きまして、
お見積り差し上げます。

金属多孔質体のメッシュ番手ごとの比較写真

【代表特性】

メッシュ番手 MF-8 MF-13 MF-20 MF-30 MF-40 MF-55
製作可能
寸法

[mm]
Max. 400×200 400×200
Min. 10×10 10×10
厚み Max. 10 10
Min. 5 0.8
セル密度 [ppi] 8 13 20 30 40 55
平均気孔径 [mm] 2.70 1.64 1.00 0.71 0.52 0.41
平均気孔率 [%] 97 97 96 96 95 95

【圧力損失】

金属多孔質体の圧力損失特性図

カタログ

こちら よりカタログをダウンロードできます。

※ 外部サイト イプロス(ものづくりポータルサイト)へとジャンプします。

金属多孔質体一覧へ戻る

PAGE TOP

CONTACTお問い合わせ

0877-75-0007
fax.
0877-73-2152